太太(たいたい)のヒラメキ

アラフォー太太(たいたい)はダイヤブロックと台湾が好き。

マイルで行く台湾旅行がキャンセル!ANA側の対応の話

f:id:taitai39:20170404145231j:plain

こんにちは、太太です。

 

海外旅行の手配は年々突発的になっています。だって、予定はいきなり入ってくるし、体調管理が難しすぎて…ダメなんです。1週間前にチケットを手配することもあるくらいなんですよ。

 

今日は、台湾旅行を泣く泣くキャンセルした話を綴りたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

いきなりの発熱でパニック

f:id:taitai39:20170406134012j:plain

うそでしょっ、うそでしょっ、うーそーでーしょー!

 

「さーて、今年は台湾へ行くぞー」

 

と決めたものの、実は一回目の台湾旅行はキャンセルしています。体調不良です。子が渡航2日前に突然発熱し、旅行を取りやめました。2日前といってもほぼ1日前。フラフラしながら学校から帰ってきたの!夕方5時過ぎね。

 

本人曰く

 

「体の脱力感と筋肉痛が完全にインフルっぽい」

「何の症状もなく、突然の熱が出た」

「まわりがインフルで休み始めていた」

 

おおおう、おおおう。

もう、インフルの症状ではありませんか。

 

インフルが流行る時に旅行決断したのがアホだったんだなぁ。うん。じわじわと外堀を埋められ、席の周りの子がバタバタとインフルおやすみ。そして、最後の最後でとどめを刺されてしまいました。

 

 

f:id:taitai39:20170414132024j:plain

な・ん・で・台・湾・行・き・の・前・日・な・ん・だ・!

 

前日ということはですね、すべてにキャンセル代金がかかるのです。わかります?ワタクシの落胆具合。なにもしてないのに諭吉が飛んでいっちゃうの。この切なさ、わかります?

 

 

ホテルは1泊分支払って、翌日以降はキャンセルに

f:id:taitai39:20170610124919j:plain

泊まってないのに諭吉が飛んでいった…

 

まずはホテルです。

 

予約したホテルは、前日キャンセルからお金が帰ってこない仕組みでした。しかも楽天トラベルから連絡できないホテルだったの(予約は楽天だが、キャンセルはホテル側に直接という仕組み)。仕方がないので英語でメールを送りました。

 

 

「◯月◯日〜予約の太太です。」

「台湾旅行がキャンセルになりました」

「宿泊予約取り消しお願いします」

「1日分は支払います。翌日以降の予約はナシにしてください」

 

 

メッセージを送って数時間後、ホテル側から連絡がきました。1泊分のみの支払いで、その他はキャンセルOKとのことでした。ああ、15,000円がすっ飛びました。

 

うえーん。

鼎泰豊が3回食べられるお。

 

 

ANAにキャンセルの電話

f:id:taitai39:20170406135239j:plain

大好きなANAさまに乗れなかったの…

 

お次はANAにキャンセルの電話です。この時の旅行はANAマイルでの旅でしたから、マイルもすべて紙くずと化す予定でした。もう、ガッカリピヨピヨどころではありません。数年かかって貯めたのよ。

 

うおおおん、うおおおん。

泣いても泣ききれません。

 

 

「すみません、明日の◯◯便で予約していた太太と申します」

「家族が体調を崩してしまい、明日からの旅行に行けなくなりました」

「便のキャンセルをお願いします」

 

 

声もどよよーん低ボイスです。しかし、ANA、いや、天下のANA様はワタクシを見捨てませんでした。

 

「ご家族の体調不良とのことですが、病院で診察証明書を発行していただければ大丈夫ですよ。マイルは次回のご旅行にお使いください」

 

f:id:taitai39:20170620152934j:plain

えええええええーーーーーーーーー!!!!!

 

 

なんですと!?なんですと!?

今、なんて言った?

 

 

f:id:taitai39:20170610125038j:plain

 えええええー!!!

 

 

ANA(さま)、なんて言った〜〜〜〜〜〜????

 

 

 

マイルを返すと言ったぁ〜!?

 

通常なら、旅行キャンセルはマイルごとなくなるはずです。しかも旅行前日。それが、医師の診断証明書があれば許すと言うのです。

 

 

f:id:taitai39:20170417131439j:plain

「ほ、ほ、ほ、ほ、本当ですかっっっっ!?マイルは0ではないのですね」

 

 

思わず確認を取ってしまいました。

ANA側からの提案は

 

 

渡航先は同じにすること(つまり、台北

・1年以内に予定を組んでほしい

・医師の診断証明書を送付してほしい

・マイルは返すが、キャンセル料(手数料?)は徴収する

 

 

でした。

その時、あまりにも興奮していてどれだけのキャンセル料を取られたか覚えていないのですが、問題ない額(もしくはマイル)だったと思うのです。

 

のむ、のむよ。ANAさま。

 

 

f:id:taitai39:20170620153017j:plain

もーーーーーー、大きい声で言っちゃう!

 

 

ANAは優しい。

ANAは素敵。

ANAは神様です。

ANAが一番よ。

ANAは美人スッチーがいっぱい!

 

ANAバンザイ!

 

 

急いで病院へ行きます

f:id:taitai39:20170609193456j:plain

ううう、先生!命拾いしたの

 

 

「先生、旅行は諦めました」

「診断書があればキャンセル代が微々たる額になります」

「一筆お願いしますぅ」

 

 

先生も驚きの顔です。

 

「証明書があれば大丈夫なんだね。はじめて知った」

 

 

と言っていました。この時の医師診断書は6,000円ほど。これでマイルが戻ってくるならお安いものよ。インフル判定診察代と合わせるとこちらも諭吉超えだけれど、しょうがないです。病気なんだから。

 

 

無理していかなくて良かった

f:id:taitai39:20170610125038j:plain

渡航前に熱が出たから良かったんだよね!

 

旅行前の突然の発熱。先生からは

 

「台湾へ行ってからの発熱じゃなくてよかったよ」

「それこそ、帰ってこられないし」

「逆にラッキーだったと思えば」

 

との言葉をいただいたの。

 

そうね、本当にその通り。あちらでインフルだったら…ガクブルです。家族内感染→帰国まで1週間ぐらいかかったかもしれません。

 

 

ANAマイルのキャンセルについてですが、今回は特例だったのではないかなぁ。普通のキャンセルなら戻ってこないはずだし。

 

現在とは制度が異なっているかもしれませんので、あくまでもこんな例があったという感じで捉えてくださいね。

 

ANAさま、本当にありがとうございました。

 

「冬の旅行は危険が伴う」というのは、まさにコレのこと。特にお子さんがいる家庭は、1月〜2月の旅行は危ない〜。冬の時期はアジア圏でインフルが流行します。皆様もお気をつけて〜。

 

 

 

taitaitaiwan.hatenablog.com

taitaitaiwan.hatenablog.com

taitaitaiwan.hatenablog.com